薬用柿渋石鹸:トップ > 柿渋とは
柿渋とは…あの柿の渋みにあたりますが、近年では、若い渋柿を粉砕・圧搾するなどして石けんなどの原材料として使われたりします。
加齢臭を洗い落とすこだわりの柿渋石鹸、売上げナンバー1の秘密とは…
クリック♪全国のオヤジが笑顔になった!驚きの石鹸が登場!

柿渋とは

柿渋(かきしぶ)とは、渋柿の青い果実を粉砕して、

発酵させたもからしぼりとった液のことです。

柿渋タンニンやシブオールをたくさん含んでいて、

防腐・防水剤などに用いられ、紙や木などに塗って使用します。

匂いは、酢酸や酪酸の匂いがしますが、

それは発酵によってそれらが発生するからです。

 

柿渋が最初に歴史に登場するのは10世紀ごろです。

それ以前は文献が残っていません。

当時、柿渋は漆の下塗りに使用されたそうです。

衣類に用いたのは、柿衣が最初であるとされていて、

平安時代の下級の侍が着ていたようです。

あの宮本武蔵も柿渋で染めた布を鉢巻にして、戦っていたとのこと。

また、民間では薬として、やけどや霜焼け、血圧が下がったときや、

解毒剤などとしても用いられてきました。

最後に今イチバンおすすめの加齢臭対策石鹸をご紹介します。加齢臭を洗い落とすこだわりの柿渋石鹸です。楽天などでの売上げナンバー1にはもちろん理由があります。その秘密を見てみる▼
クリック♪全国のオヤジが笑顔になった!驚きの石鹸が登場!
申し込んでみると、こんなセットが届きます

IT用語